1. ホーム
  2. 学生のキャッシング
  3. ≫キャッシングを学生が利用するならどのローンがいい?

キャッシングを学生が利用するならどのローンがいい?

キャッシングは20歳以上で仕事を持っていれば、原則として誰でも借りることができます。
学生も対象に含まれるので、20歳以上でバイトをしていればOKです。
未成年に融資してくれるキャッシングは非常に少ないですが、学生ローンだと1割くらいの割合で未成年にも融資をしています。
ただ親の同意が必要といった制限があるので、大人と同様に借りるためには20歳以上であることが必須です。

学生がキャッシングを利用する場合、借入できる金額は多くはありません。
ほとんどのケースでは数万円、多くて10万円であり、30万円や50万円といった高額を借りている方はほとんどいないです。
消費者金融から30万円を借りるなら、年収で90万円以上、月収換算でも7.5万円も必要になってきます。
安定的に稼ぐというのは簡単はことではなく、当然収入の少ない月もあるでしょう。
学生で年間のバイト収入が90万円以上という方は少数派なのです。
借入できる金額は多くて10万円と考えておけば、借りすぎも回避できるはずです。
もっと高額を借りる収入を得ていても、借金というのは必要最低限に抑えておくべきです。
消費するのは楽しいものですが、返済するときになると借入をもっと減らせばよかったと感じてしまうでしょう。

学生キャッシングは借入額が少ないので、金利もそれほど低くはなりません。
概ね17%~18%の業者が多いですが、高いところでは20%を設定しています。
15%といった銀行並の金利を設定している消費者金融はほとんど見られません。
消費者金融なら18%での借入になることが多いですが、学生に対応している銀行キャッシングなら15%未満で借りることも可能でしょう。
銀行キャッシングは審査が厳しいですが、借入件数が少なければ消費者金融と同じ感覚で借りることができます。
学生の場合は借入件数は0~1件が多いので、銀行で審査を受けても通過する可能性は高いです。
ついでに銀行口座も開設しておけば、必要なときに口座に振り込んでもらうことも可能です。