1. ホーム
  2. 学生のキャッシング
  3. ≫キャッシングを学生が利用するときに気をつけたいこと

キャッシングを学生が利用するときに気をつけたいこと

通常、学生がキャッシングを利用しようとしても、審査になかなか通りにくいという問題があります。これは収入が少ないこと、安定していないことなどがその要因となっていますが、アルバイトなどで安定的な収入があると判断された場合には、返済能力があると判断され、融資を受けられることになります。そのため、キャッシング会社によっては学生の利用を認めているところもあります。大学がひしめくところには学生ローンなどがありますが、こうしたところは金利が適法かどうか怪しいところもあるため、法律に準じた金利で貸してくれる大手のキャッシング会社を利用することが求められます。そうした時に学生が注意しておきたい部分がいくつかあります。

まず、絶対に守りたいことはウソをつかないことです。どうしてもお金が借りたいからと収入を多少水増ししたり、年齢を少しごまかしたりしてしまいがちですが、こうしたことは必ずバレます。そして、審査に落とされるだけでなく、すぐには審査を受け付けてもらえない危険性すらありますので絶対にウソはつかないようにしましょう。ローンに申し込みを行うと信用情報に、申し込んだことが記録されます。ここで落とされたから別のところで審査を受けようとしてしまうと、この人はお金がないのかな、大丈夫かなと敬遠をされてしまいます。そうなるとなかなか審査が通らないことになるため、落ちた場合にはある程度の期間を空けるようにしましょう。

また、こうしたキャッシングにおいて学生が借りられる金額はかなり限られます。通常は年収の3分の1まで借りることができると言われていますが、学生の場合、稼げて月10数万円、少ない場合は10万円にも満たない人が多く、その場合に年収の3分の1まで貸し出すのは少しリスクがあります。そのため、学生のうちは10万円ほどの額しか貸し出しを受けられないこともしばしばです。もちろん、実績によっては増えることもありますが、仮に利用できたとしてもそこまで多くは借りられないことを知っておくことが大切です。